コマンドラインオプション

コマンドラインのインタフェースは、argparseライブラリを使用してコマンドラインのオプションを解析します。そのため、オプションに、短いバージョンや長いバージョンが使用できるます。長いオプションは最も短い明確な省略形も提供ます。

一般的なコマンド

aqt help

汎用ヘルプの表示

aqt version

バージョンの表示

List-*コマンド

このコマンドは、``aqt`でインストールできるパッケージを一覧表示するために使用します。

list-qtコマンド

aqt list-qt [-h | --help]
            [-c | --config]
            [--spec <specification>]
            [--modules      (<Qt version> | latest) <architecture> |
             --long-modules (<Qt version> | latest) <architecture> |
             --arch         (<Qt version> | latest) |
             --archives     (<Qt version> | latest) architecture [modules...]
             --latest-version]
            <host> [<target>]

List available versions of Qt, targets, modules, and architectures.

host

linux, linux_arm64, windows or mac

target

desktop、winrt、iosまたはandroid。省略すると、ホストOSで使用可能なすべてのターゲットが出力されます。winrtはWindowsでしか使用できず、iosはMac OSでしか使用できません。

--help, -h

ヘルプテキストを表示する

--spec <Specification>

バージョンの範囲を指定する SimpleSpec 内のQtのバージョンを表示します。部分的なバージョンや不等式などを指定できます。"*" はQtのすべてのバージョンにマッチし、">6.0.2,<6.2.0" は6.0.2から6.2.0までのQtのすべてのバージョンにマッチします。例えば、aqt list-qt windows desktop --spec "5.12" と入力すると、5.12から始まるWindows デスクトップ用のQtのすべてのバージョンが出力されます。他のフラグと組み合わせて、そのフラグの出力をフィルタリングすることができます。

--modules (<Qt version> | latest) <architecture>

This flag lists all the modules available for Qt 5.X.Y with a host/target/architecture combination, or the latest version of Qt if latest is specified. You can list available architectures by using aqt list-qt with the --arch flag described below.

--long-modules (<Qt version> | latest) <architecture>

モジュールの長い表示: --modules と似ていますが、各モジュールに関連付けられた追加のメタデータを表示します。このメタデータは、各モジュールの長い表示名を含む表に表示されます。端末の表示幅が95文字を超える場合、aqt list-qt には各モジュールのリリース日とサイズも表示されます。この出力例を以下に示します。

$ python -m aqt list-qt windows desktop --long-modules latest win64_mingw

   Module Name                         Display Name                       Release Date   Download Size   Installed Size
=======================================================================================================================
debug_info          Desktop MinGW 11.2.0 64-bit debug information files   2022-07-07     1.0G            6.4G
qt3d                Qt 3D for MinGW 11.2.0 64-bit                         2022-07-07     2.8M            21.3M
qt5compat           Qt 5 Compatibility Module for MinGW 11.2.0 64-bit     2022-07-07     679.3K          2.5M
qtactiveqt          Qt 3D for MinGW 11.2.0 64-bit                         2022-07-07     5.9M            32.6M
qtcharts            Qt Charts for MinGW 11.2.0 64-bit                     2022-07-07     713.0K          7.5M
qtconnectivity      Qt Connectivity for MinGW 11.2.0 64-bit               2022-07-07     227.5K          1.5M
qtdatavis3d         Qt Data Visualization for MinGW 11.2.0 64-bit         2022-07-07     565.7K          4.3M
qthttpserver        Qt HTTP Server for MinGW 11.2.0 64-bit                2022-07-07     73.2K           372.6K
qtimageformats      Qt Image Formats for MinGW 11.2.0 64-bit              2022-07-07     184.6K          705.5K
qtlanguageserver    Qt language Server for MinGW 11.2.0 64-bit            2022-07-07     300.1K          1.8M
qtlottie            Qt Lottie Animation for MinGW 11.2.0 64-bit           2022-07-07     131.7K          704.0K
qtmultimedia        Qt Multimedia for MinGW 11.2.0 64-bit                 2022-07-07     9.7M            79.2M
qtnetworkauth       Qt Network Authorization for MinGW 11.2.0 64-bit      2022-07-07     85.5K           507.6K
qtpositioning       Qt Positioning for MinGW 11.2.0 64-bit                2022-07-07     347.2K          2.2M
qtquick3d           Qt Quick 3D for MinGW 11.2.0 64-bit                   2022-07-07     13.0M           75.4M
qtquick3dphysics    Quick: 3D Physics for MinGW 11.2.0 64-bit             2022-07-07     35.5M           203.9M
qtquicktimeline     Qt Quick Timeline for MinGW 11.2.0 64-bit             2022-07-07     54.6K           301.4K
qtremoteobjects     Qt Remote Objects for MinGW 11.2.0 64-bit             2022-07-07     424.4K          2.0M
qtscxml             Qt State Machine for MinGW 11.2.0 64-bit              2022-07-07     448.5K          2.9M
qtsensors           Qt Sensors for MinGW 11.2.0 64-bit                    2022-07-07     175.7K          2.0M
qtserialbus         Qt SerialBus for MinGW 11.2.0 64-bit                  2022-07-07     208.8K          1.2M
qtserialport        Qt SerialPort for MinGW 11.2.0 64-bit                 2022-07-07     58.3K           255.3K
qtshadertools       Qt Shader Tools for MinGW 11.2.0 64-bit               2022-07-07     1.2M            4.1M
qtspeech            Qt Speech for MinGW 11.2.0 64-bit                     2022-07-07     81.8K           427.9K
qtvirtualkeyboard   Qt Virtual Keyboard for MinGW 11.2.0 64-bit           2022-07-07     2.1M            6.0M
qtwebchannel        Qt WebChannel for MinGW 11.2.0 64-bit                 2022-07-07     114.0K          500.3K
qtwebsockets        Qt WebSockets for MinGW 11.2.0 64-bit                 2022-07-07     96.3K           509.6K
qtwebview           Qt WebView for MinGW 11.2.0 64-bit                    2022-07-07     64.2K           470.7K
--arch (<Qt version> | latest)

Qt version in the format of "5.X.Y". When set, this prints all architectures available for Qt 5.X.Y with a host/target, or the latest version of Qt if latest is specified.

--archives (<Qt version> | latest) architecture [modules...]

このフラグには、'Qt version'と'architecture'の2つ以上の引数のリストが必要です。'Qt version'引数は、"5.X.Y"または"latest"キーワードの形式にすることができます。'architecture' 引数に指定できる値のリストを見るには、--arch フラグを使用します。後続の引数は、以前のバージョンとアーキテクチャーで使用できるモジュールの名前である必要があります。受け入れ可能な値のリストを見るために、--modules フラグを使うことができます。

このフラグにモジュールのリストを追加しない場合、このコマンドは基本Qtインストールを構成するすべてのアーカイブのリストを出力します。

このフラグにモジュールのリストを追加すると、指定されたモジュールを構成するすべてのアーカイブのリストが出力されます。

このコマンドの目的は、 install-* コマンドを使うときに archives flag に渡すことができる引数を表示することです。このフラグを使うと、Qtの不要な部分をインストールするのを避けることができます。

--latest-version

Print only the newest version available May be combined with the --spec flag.

list-srcコマンド

aqt list-src [-h | --help]
             [-c | --config]
             <host> (<Qt version> | <spec>)

install-src command を使って、インストール可能なソースアーカイブを一覧表示します。

host

linux, linux_arm64, windows or mac

Qt version

これは5.9.7、5.12.1などのQtバージョンです。有効なバージョンを調べるには、list-qtコマンド を使用してください。

spec

これはバージョンの範囲を指定する SimpleSpec です。バージョンとして解釈できない何かを位置引数 <Qt version> に入力すると、それは SimpleSpec として解釈され、aqt はその`SimpleSpec`_ 内で利用可能な最高バージョンを選択します。

例えば、``aqt list-src mac 5.12``は入手可能な最新バージョンのQt 5.12(この記事を書いている時点では5.12.11)のアーカイブを出力します。

list-docコマンド

aqt list-doc [-h | --help]
             [-c | --config]
             [-m | --modules]
             <host> (<Qt version> | <spec>)

install-docコマンド を使ってインストール可能なドキュメントアーカイブとモジュールをリストアップできます。

デフォルトでは、 list-docinstall-docコマンド--archives オプションを使ってインストール可能なアーカイブのリストを出力します。

host

linux, linux_arm64, windows or mac

Qt version

これは5.9.7、5.12.1などのQtバージョンです。有効なバージョンを調べるには、list-qtコマンド を使用してください。

spec

これはバージョンの範囲を指定する SimpleSpec です。バージョンとして解釈できない何かを位置引数 <Qt version> に入力すると、それは SimpleSpec として解釈され、aqt はその`SimpleSpec`_ 内で利用可能な最高バージョンを選択します。

例えば、aqt list-doc mac 5.12 は入手可能な最新バージョンのQt 5.12(この記事を書いている時点では5.12.11)のアーカイブを出力します。

--modules

このフラグは、list-doc``に `install-doc command`_   ``--modules オプションを使ってインストール可能なモジュールのリストを出力させます。

list-exampleコマンド

aqt list-example [-h | --help]
                 [-c | --config]
                 [-m | --modules]
                 <host> (<Qt version> | <spec>)

install-example command を使ってインストール可能なアーカイブとモジュールの例を挙げます。

デフォルトでは、 list-exampleinstall-example command--archives オプションを使ってインストール可能なアーカイブのリストを出力します。

host

linux, linux_arm64, windows or mac

Qt version

これは5.9.7、5.12.1などのQtバージョンです。有効なバージョンを調べるには、list-qtコマンド を使用してください。

spec

これはバージョンの範囲を指定する SimpleSpec です。バージョンとして解釈できない何かを位置引数 <Qt version> に入力すると、それは SimpleSpec として解釈され、aqt はその`SimpleSpec`_ 内で利用可能な最高バージョンを選択します。

例えば、 aqt list-example mac 5.12 は入手可能な最新バージョンのQt 5.12(この記事を書いている時点では5.12.11)のアーカイブを出力します。

--modules

このフラグは、 list-exampleinstall-example command--modules オプションを使ってインストール可能なモジュールのリストを出力させます。

list-toolコマンド

aqt list-tool [-h | --help] [-c | --config] [-l | --long] <host> [<target>] [<tool name>]

使用可能なツールを一覧表示

host

linux, linux_arm64, windows or mac

target

desktop、winrt、iosまたはandroid。省略すると、ホストOSで使用可能なすべてのターゲットが出力されます。winrtはWindowsでしか使用できず、iosはMac OSでしか使用できません。

tool name

ツールの名前です。利用可能な値を確認するには、 aqt list-tool <host> <target> を使用してください設定すると、利用可能なすべての 'ツールバリアント名' を出力します。

このコマンドの出力は、以下の aqt install-tool で使うことを意図しています。

--help, -h

ヘルプテキストを表示する

--long, -l

長い表示: 各ツールバリアントに関連付けられた追加のメタデータを表示します。このメタデータは表形式で表示され、各ツールのバージョンとリリース日が含まれます。あなたの端末の表示幅が95文字を超える場合、aqt list-tool は各ツールの名前と説明も表示します。この出力例を以下に示します。

$ python -m aqt list-tool windows desktop tools_conan -l

 Tool Variant Name           Version         Release Date     Display Name              Description
============================================================================================================
qt.tools.conan         1.33-202102101246     2021-02-10     Conan 1.33          Conan command line tool 1.33
qt.tools.conan.cmake   0.16.0-202102101246   2021-02-10     Conan conan.cmake   Conan conan.cmake (0.16.0)

Install-*コマンド

これらのコマンドは、Qt、ツール、ソース、ドキュメント、サンプルをインストールするために使用されます。

共通オプション

これらのコマンドのほとんどは、同じコマンドラインオプションを共有しています。次に、これらのオプションについて説明します。

--help, -h

ヘルプテキストを表示する

--outputdir, -O <Output Directory>

出力ディレクトリを指定します。デフォルトでは、aqtは現在の作業ディレクトリにインストールされます。

--base, -b <base url>

'online' フォルダが存在する -b https://mirrors.dotsrc.org/qtproject などのミラーサイトベースURLを指定します。

--config, -c <settings_file_path>

独自の settings.ini ファイルへのパスを指定します。the Configuration section を参照してください。

--timeout <timeout(sec)>

ダウンロードサイトの接続タイムアウト(秒単位)。(デフォルト:5秒)

--external, -E <7zip command>

外部7zipコマンドのパスを指定します。デフォルトでは、aqtはこのタスクに py7zr を使用します。

これまで、ユーザは Windows、Linux、Macで 7-zip を使ってうまくやってきました。Windowsでは Choco を使って7-zipをインストールすることができます。Linux/Macのポートである 7-zipは p7zip と呼ばれており、brew on Macでインストールするか、Linuxではパッケージマネージャを使ってインストールすることができます。

--internal

内部エクストラクタ py7zr を使用します。

--keep, -k

指定された場合はダウンロードされたアーカイブを保持します。指定されていない場合はインストール後に削除します。これらのファイルをaqtが配置する場所を選択するには、 ``--archive-dest <path>``を使用します。ダウンロード先を指定しない場合、aqtはこれらのファイルを現在の作業ディレクトリに配置します。

--archive-dest <path>

ダウンロードしたアーカイブの保存先パスを設定します(デフォルトディレクトリ)を設定します。上記の --keep オプションが指定されていないか、または aqt がクラッシュしない限り、ダウンロードしたアーカイブはすべて自動的に削除されます。

このオプションは、 aqt がダウンロードして --outputdir に展開する中間の .7z アーカイブを参照していることに注意してください。ほとんどのユーザはこれらのファイルを保持する必要はありません。

--modules, -m (<list of modules> | all)

リストとしてインストールする追加モジュールを指定してください。適切な aqt list-* コマンドを使って、利用可能なモジュールをリストしてください:

インストール・コマンド

リストコマンド

リストコマンドの使用法

install-qt

list-qt command

list-qt <host> <target> --modules <version> <arch>

install-example

list-example command

list-example <host> <version> --modules

install-doc

list-doc command

list-doc <host> <version> --modules

このオプションは、 install-qtinstall-exampleinstall-doc にのみ適用できます。

次のように、複数のモジュールをインストールできます。

$ aqt install-* <host> <target> <Qt version> -m qtcharts qtdatavis3d qtlottie qtnetworkauth \
    qtpurchasing qtquicktimeline qtscript qtvirtualkeyboard qtwebglplugin

利用可能なすべてのモジュールをインストールしたい場合は、次のように、モジュールのリストの代わりに ``all``キーワードを使うことができます。

aqt install-* <host> <target> <Qt version> <arch> -m all
--archives <list of archives>

[高度] アーカイブのサブセットを指定して、インストールされているアーカイブを**制限**します。これはQtの基本インストールと debug_info モジュールにのみ影響します。これは高度なオプションであり、一般的な使用にはお勧めできません。主な目的は、インストールされているモジュールを制限することによってCI/CDプロセスを高速化することです。Qt SDKのインストールが失敗する可能性があります。

このオプションは、install-tool``を除くすべての ``install-* コマンドに適用できます。

適切な``aqt list-*`` コマンドを使えば、このコマンドで使える全ての値のリストを出力することができます。

インストール・コマンド

リストコマンド

リストコマンドの使用法

install-qt

list-qt command

list-qt <host> <target> --archives <version>

install-example

list-example command

list-example <host> <version>

install-src

list-src command

list-src <host> <version>

install-doc

list-doc command

list-doc <host> <version>

install-qtコマンド

aqt install-qt
    [-h | --help]
    [-c | --config]
    [-O | --outputdir <directory>]
    [-b | --base <mirror url>]
    [--timeout <timeout(sec)>]
    [-E | --external <7zip command>]
    [--internal]
    [-k | --keep]
    [-d | --archive-dest] <path>
    [-m | --modules (all | <module> [<module>...])]
    [--archives <archive> [<archive>...]]
    [--autodesktop]
    [--noarchives]
    <host> <target> (<Qt version> | <spec>) [<arch>]

指定されたバージョンとターゲットでQtライブラリをインストールします。Qtのバージョンに応じて、さまざまな組み合わせを受け入れることができます。

host

linux, linux_arm64, windows or mac. The operating system on which the Qt development tools will run.

target

desktop, ios, winrt, または androidQtプログラムを開発するデバイスのタイプ。ターゲットがiosの場合、6.2.4よりも古いバージョンのQtは、現在のバージョンのXCodeでは機能しないことに注意してください(バージョン13以上のXCodeに適用されます)。

Qt version

これは5.9.7、5.12.1などのQtバージョンです。有効なバージョンを調べるには、list-qtコマンド を使用してください。

spec

これはバージョンの範囲を指定する SimpleSpec です。バージョンとして解釈できない何かを位置引数 <Qt version> に入力すると、それは SimpleSpec として解釈され、aqt はその`SimpleSpec`_ 内で利用可能な最高バージョンを選択します。

例えば、aqt install-qt mac desktop 5.12 はQt 5.12の最新バージョンをインストールし、aqt install-qt mac desktop "*" はQtの最新バージョンをインストールします。

このオプションを使用すると、aqt はインストールされたバージョンをログに出力するので、簡単に確認できます。

arch

開発対象のコンパイラアーキテクチャ。オプション:

  • gcc_64 or linux_gcc_64 for linux desktop

  • linux_gcc_arm64 for linux_arm64 desktop

  • mac デスクトップの場合: clang_64

  • Windowsデスクトップの場合は、win64_msvc2019_64, win64_msvc2017_64, win64_msvc2015_64, win32_msvc2015, win32_mingw53

  • Androidの場合は: android_armv7, android_arm64_v8a, android_x86, android_x86_64

list-qtコマンド を使用して、利用可能なアーキテクチャを一覧表示してください。

--autodesktop

If you are installing an ios, android, WASM, or msvc_arm64 version of Qt6, the corresponding desktop version of Qt must be installed alongside of it. Turn this option on to install it automatically. This option will have no effect if the desktop version of Qt is not required.

--noarchives

[高度]すべての基本パッケージをインストールしないように指定します。これは拡張オプションなので、--modules オプションと一緒に使うべきです。これにより、既存のQtインストールにモジュールを追加できます。

common options 参照

install-srcコマンド

aqt install-src
    [-h | --help]
    [-c | --config]
    [-O | --outputdir <directory>]
    [-b | --base <mirror url>]
    [--timeout <timeout(sec)>]
    [-E | --external <7zip command>]
    [--internal]
    [-k | --keep]
    [-d | --archive-dest] <path>
    [--archives <archive> [<archive>...]]
    [--kde]
    <host> [<target>] (<Qt version> | <spec>)

指定されたバージョンとターゲットのQtソースコードをインストールします。

host

linux, linux_arm64, windows or mac

target

将来のバージョンのaqtでは廃止され、削除される予定です。このパラメータは下位互換性のために存在し、その値は無視されます。

Qt version

これは5.9.7、5.12.1などのQtバージョンです。有効なバージョンを調べるには、list-qtコマンド を使用してください。

spec

これはバージョンの範囲を指定する SimpleSpec です。バージョンとして解釈できない何かを位置引数 <Qt version> に入力すると、それは SimpleSpec として解釈され、aqt はその`SimpleSpec`_ 内で利用可能な最高バージョンを選択します。

例えば、aqt install-src mac 5.12 は入手可能な最新バージョンのQt 5.12のソースをインストールし、aqt install-src mac "*" は入手可能な最新バージョンのQtのソースをインストールします。

--kde

「--kde」オプションを追加すると、qtbaseのソースツリーにKDEパッチコレクションが適用されます。これはQt 5.15.2にのみ適用されます。指定されたバージョンがそれ以外の場合、--kde を指定したコマンドはエラーで中断されます。

common options 参照

install-docコマンド

aqt install-doc
    [-h | --help]
    [-c | --config]
    [-O | --outputdir <directory>]
    [-b | --base <mirror url>]
    [--timeout <timeout(sec)>]
    [-E | --external <7zip command>]
    [--internal]
    [-k | --keep]
    [-d | --archive-dest] <path>
    [-m | --modules (all | <module> [<module>...])]
    [--archives <archive> [<archive>...]]
    <host> [<target>] (<Qt version> | <spec>)

指定されたバージョンとターゲットのQtドキュメントをインストールします。

host

linux, linux_arm64, windows or mac

target

将来のバージョンのaqtでは廃止され、削除される予定です。このパラメータは下位互換性のために存在し、その値は無視されます。

Qt version

これは5.9.7、5.12.1などのQtバージョンです。有効なバージョンを調べるには、list-qtコマンド を使用してください。

spec

これはバージョンの範囲を指定する SimpleSpec です。バージョンとして解釈できない何かを位置引数 <Qt version> に入力すると、それは SimpleSpec として解釈され、aqt はその`SimpleSpec`_ 内で利用可能な最高バージョンを選択します。

例えば、aqt install-doc mac 5.12 と指定するとQt 5.12の最新バージョンのドキュメントがインストールされ、aqt install-doc mac "*" と指定するとQtの最新バージョンのドキュメントがインストールされます。

common options 参照

install-exampleコマンド

aqt install-example
    [-h | --help]
    [-c | --config]
    [-O | --outputdir <directory>]
    [-b | --base <mirror url>]
    [--timeout <timeout(sec)>]
    [-E | --external <7zip command>]
    [--internal]
    [-k | --keep]
    [-d | --archive-dest] <path>
    [-m | --modules (all | <module> [<module>...])]
    [--archives <archive> [<archive>...]]
    <host> [<target>] (<Qt version> | <spec>)

指定されたバージョンとターゲットのQtサンプルをインストールします。

host

linux, linux_arm64, windows or mac

target

将来のバージョンのaqtでは廃止され、削除される予定です。このパラメータは下位互換性のために存在し、その値は無視されます。

Qt version

これは5.9.7、5.12.1などのQtバージョンです。有効なバージョンを調べるには、list-qtコマンド を使用してください。

spec

これはバージョンの範囲を指定する SimpleSpec です。バージョンとして解釈できない何かを位置引数 <Qt version> に入力すると、それは SimpleSpec として解釈され、aqt はその`SimpleSpec`_ 内で利用可能な最高バージョンを選択します。

例えば、``aqt install-example mac 5.12``はQt 5.12の最新バージョンのサンプルをインストールし、``aqt install-example mac "*"``はQtの最新バージョンのサンプルをインストールします。

common options 参照

install-toolコマンド

aqt install-tool
    [-h | --help]
    [-c | --config]
    [-O | --outputdir <directory>]
    [-b | --base <mirror url>]
    [--timeout <timeout(sec)>]
    [-E | --external <7zip command>]
    [--internal]
    [-k | --keep]
    [-d | --archive-dest] <path>
    <host> <target> <tool name> [<tool variant name>]

QtIFW、mingw、Cmake、Conan、vcredistなどのツールをインストールします。

host

linux, linux_arm64, windows or mac

target

desktop、ios、またはAndroid

tool name

指定されたツールをインストールします。ツール名は'tools_openssl_x64'、'tools_vcredist'、'tools_ninja'、'tools_ifw'、'tools_cmake'のいずれかです。

tool variant name

ツールバリアントを指定するオプションのフィールド。vcredistおよびmingwのインストールで必要になる場合があります。ツールバリアント名は'qt.tools.win64_mingw810','qt.tools.vcredist_msvc2013_x64'のようになります。

:ref:`List-Tool command`を使用して、使用可能なツールとツールバリアント名を表示する必要があります。

common options 参照

従来のサブコマンド

サブコマンドの「install」、「tool」、「src」、「doc」、および「examples」は、新しい「install-*」コマンドのために廃止されましたが、まだ使用する必要がある場合に備えて、aqtに残っています。これらの古いコマンドのドキュメントは、https://aqtinstall.readthedocs.io/en/v1.2.4/でまだ入手できます。

コマンドの例

例:QtChartsとQtNetworkAuthでQt SDK 5.12.12 for Linuxをインストールする:

pip install aqtinstall
sudo aqt install-qt --outputdir /opt linux desktop 5.12.12 -m qtcharts qtnetworkauth

例:Qt 5.12の最新のLTSバージョンをインストールする

pip install aqtinstall
sudo aqt install-qt linux desktop 5.12 gcc_64

Example: Installing the newest LTS version of Qt 6.7 for linux arm64:

pip install aqtinstall
sudo aqt install-qt linux_arm64 desktop 6.7

例:Android(armv7)Qt 5.13.2のインストール:

aqt install-qt linux android 5.13.2 android_armv7

Example: Installing Android (armv7) Qt 6.4.2:

aqt install-qt linux android 6.4.2 android_armv7 --autodesktop

例: example、docおよびsourceのインストール:

aqt install-example windows 5.15.2 -m qtcharts qtnetworkauth
aqt install-doc windows 5.15.2 -m qtcharts qtnetworkauth
aqt install-src windows 5.15.2 --archives qtbase --kde

例: install-example/doc/src でインストール可能なアーカイブを一覧表示します。

aqt list-example windows 5.15.2
aqt list-doc windows 5.15.2
aqt list-src windows 5.15.2

例: install-example/doc でインストール可能なモジュールを一覧表示します:

aqt list-example windows 5.15.2 --modules
aqt list-doc windows 5.15.2 --modules

例: Webアセンブリのインストール

aqt install-qt linux desktop 5.15.0 wasm_32

Example: Install Qt6 for Web Assembly

aqt install-qt linux desktop 6.2.4 wasm_32 --autodesktop

例: Linuxで利用可能なQtのバージョンを一覧表示する

aqt list-qt linux desktop

例:macOS上で利用可能なQt6のバージョンを一覧表示する

aqt list-qt mac desktop --spec "6"

例:macOS上のQtの最新バージョンで利用可能なモジュールを一覧表示する

aqt list-qt mac desktop --modules latest clang_64   # prints 'qtquick3d qtshadertools', etc

例:Windows上のQt 6.1.2で利用可能なアーキテクチャを一覧表示する

aqt list-qt windows desktop --arch 6.1.2    # prints 'win64_mingw81 win64_msvc2019_64', etc

例: WIndowsで使用可能なツールを一覧表示する

aqt list-tool windows desktop    # prints 'tools_ifw tools_qtcreator', etc

例:使用可能なIFWのバリエーションを一覧表示する。

aqt list-tool linux desktop tools_ifw       # prints 'qt.tools.ifw.41'
# Alternate: `tools_` prefix is optional
aqt list-tool linux desktop ifw             # prints 'qt.tools.ifw.41'

例:バージョン、リリース日、説明など、IFWのバリエーションを一覧表示する。

aqt list-tool linux desktop tools_ifw -l    # prints a table of metadata

例:Install FrameWork(IFW)のインストール:

aqt install-tool linux desktop tools_ifw

例:Windowsへのvcredistのインストール:

aqt install-tool windows desktop tools_vcredist
.\Qt\Tools\vcredist\vcredist_msvc2019_x64.exe /norestart /q

Example: Install MinGW 8.1.0 on Windows:

aqt install-tool -O c:\Qt windows desktop tools_mingw qt.tools.win64_mingw810
set PATH=C:\Qt\Tools\mingw810_64\bin

Example: Install MinGW 11.2.0 on Windows:

aqt install-tool -O c:\Qt windows desktop tools_mingw90
set PATH=C:\Qt\Tools\mingw1120_64\bin

注釈

This is not a typo; it is a mislabelled tool name! tools_mingw90 and the tool variant qt.tools.win64_mingw900 do not contain MinGW 9.0.0; they actually contain MinGW 11.2.0! Verify with aqt list-tool --long windows desktop tools_mingw90 in a wide terminal.

例:ヘルプメッセージの表示

aqt help